映画とご飯

映画と外食。

Coffee 赤トンボ (大阪 服部天神)

f:id:chorisuke:20180726124514j:plain

f:id:chorisuke:20180730094145j:plain

喫茶ルヴァンから服部天神駅側に戻り、一つ目の小さな踏切を渡って右手にこの喫茶店が現れた時は小躍りしてしまいました。見事な外観! 

外観に感動して近くに寄ってみると営業してないというケースが度々あるので恐る恐る近寄ってみると営業している気配は感じられます。しかし、外から中をうかがってみても、何やら木が見えるだけでめちゃくちゃ入りにくそう。もしや中に森があるのでは?とアホなことを考えてみたり。この時は時間もなかったので、再度、朝(モーニング目当てで)伺ってみました。ドアが半開きになっていたので思い切って入店することができました。

f:id:chorisuke:20180730094337j:plain

茶店か骨董品屋かというような店内。動物の置物多し。

f:id:chorisuke:20180730095330j:plain

モーニング。これで300円!バタートーストと蜂蜜トースト、そして果物がうれしい!

定連さんらしき男性が入ってこられたとき、テレビの近くに置かれたオーブントースターのようなものを開けて、老眼鏡を取り出されたときはびっくりしました。

まさかここが共用の老眼鏡入れになっているとは。

会計をするときに「思い切って入ってよかったです」と言うと、カウンターに座られていたおばあさんが「ここはな、なんでも話することができるんよ。それですっとするねん。またおいで」と言ってくれました。すると先ほどの男性が「爺さんと婆さんしかおらんけどな」と言って笑わせてくれました。

入りがたいように見えた空間は思いのほか暖かな心地よい場所でした。