映画とご飯

映画と外食。

喫茶館 ファイン (元町)

f:id:chorisuke:20150216135242j:plain

元町のビルに地下にある「喫茶館 ファイン」。阪神元町駅西口改札から地下通路でつながっています。

f:id:chorisuke:20150216135304j:plain

中をのぞくと藤田嗣治の絵が目にはいりました。こりゃ入らないわけにはいかない。

f:id:chorisuke:20150216135325j:plain

f:id:chorisuke:20180220120243j:plain

f:id:chorisuke:20180220115326j:plain

f:id:chorisuke:20180227132440j:plain

f:id:chorisuke:20180227133204j:plain

静かで落ち着く場所。初めての訪問から何度か訪れましたが、サラリーマンがいっぷくする隠れ家のような赴きがあります。マッチも裏と表のデザインが違ってとても洒落ていました(レジの横に置いてあるのでもらいやすい)。

喫茶 淀 YODO(十三)

f:id:chorisuke:20180411145037j:plain

十三駅東口から線路沿いに三国方面へ歩いて二分ほど。美味しいとんこつラーメン屋さんとか、カレー本に紹介されたカレー屋さんなどがあるあたりの喫茶店です。十三の渋い喫茶店はだいたいこっち方面に集まっています。

f:id:chorisuke:20180411143005j:plain

入り口をくぐって階段を上がっていきます。

f:id:chorisuke:20180411144321j:plain

ステンドグラスがきれい。そして椅子の形がユニーク。

f:id:chorisuke:20180411143607j:plain

珈琲をいただきました。時間帯のせいか、女性客多し。

f:id:chorisuke:20180411135714j:plain

淀さんからすぐの喫茶「もみの木」にも行きましたが、しばらく休みますの貼り紙が・・・。

喫茶 八根有羅 (塚口)

f:id:chorisuke:20180410134600j:plain

塚口さんさんタウン2番館にある喫茶店「八根有羅」。

f:id:chorisuke:20180410134055j:plain

木彫りのレリーフの上にご注目ください。キーホルダーがずらりと飾られていますが、これ、店内全てに飾られています。マスターがコレクターなのかしら?

f:id:chorisuke:20180410133024j:plain

ミックスジュースを注文すると面白い形のプラスチック・コップに入って出てきました。ボリューム多くて超満足。

スパゲディ「タント」(塚口)

f:id:chorisuke:20180410130041j:plain

伊丹市立美術館で開催中の「ソール・ライター展」に行ったあと、塚口まで戻って、塚口さんさんタウン2番街にある「スパゲディ タント」に行きました。カレーの「アングル」とどちらにしょうかとても迷ったのですが、今回はタントを選択。この二店と隣接するピザのお店の「ピザ マーレ」は、ともに1978年創業。40年間、地域の人の圧倒的指示を受け、営業されいます。

f:id:chorisuke:20180410130126j:plain

f:id:chorisuke:20180410131337j:plain

シーフードスパゲディを注文。具沢山で満足。店内は真ん中に大きなテーブルがあり、カウンター席も多く設けられていて、とても素敵な内装です。次から次へお客さんが入ってくるので、写真は撮らず。

喫茶&レストラン GYPSY (芦原橋)

f:id:chorisuke:20180406122228j:plain

三久食堂で食事をしたあと、芦原橋駅前の喫茶&レストラン「GYPSY」に入ってみました。奥行きがあり、広くて清潔感のあるいい感じのお店です。レストランというだけあって、お昼のメニューも豊富。

f:id:chorisuke:20180406130543j:plain

珈琲もすごく美味しい!

お店の入り口側と奥側の間に、なにやら、ユニフォームや、グローブなどが飾られているのが目に入ってきました。どうやらボクシングの選手のものらしい。

お店の方にお聞きしたところ、この近くにある井岡ジム所属の第46代OPBF東洋太平洋ライト級王者、中谷正義選手のものだそうです。

中谷選手がお店の二つ隣りにあったコンビニ(今は閉店)でアルバイトをしていて、お店にもご飯を食べに来られていたことから、応援されているとのこと。あとで中谷選手のことを調べていたら所属事務所のHPのプロフィールに「行きたいところ=喫茶ジプシー」「尊敬する人=ジプシーのマスターとママ」と書かれているのを発見。良い関係を築かれているのだなぁと思いました。

f:id:chorisuke:20180406132203j:plain

お店にはいったところの壁には中谷選手を始め、井岡ジムの若手ボクサーのポスターが貼られています(みなさん、かっこいい!)。これまでボクシングには門外漢でしたが、しっかり名前を憶えましたので、陰ながら応援したいと思います。

f:id:chorisuke:20180406122216j:plain

 ↑ジプシーの横のビル。テナントは入っていないのですが、なかなか渋い造り、思わずシャッターを押してしまいました。

三久食堂(芦原橋)

f:id:chorisuke:20180406122451j:plain

JR環状線芦原橋駅からほど近い三久食堂で昼食を。総業50年ほどになるそうです。

f:id:chorisuke:20180406123058j:plain

高齢のご夫婦とお孫さんで切り盛りされています。

f:id:chorisuke:20180406123404j:plain

とんかつとハンバーグとエビフライのAランチをいただきました(750円)。どれもおいしかったですが、とりわけエビフライがぷりぷりっとしていて超絶美味しかったです。

常連の方はこれにうどんをプラスされる方も多かったです。うどんはなんと200円!この値段なら追加も可能ですね。ただ、自分は胃袋の方に自信がないので自重しました…。月水金の10:00~14:00の間だけ営業されています。 

千成屋珈琲(動物園前)

f:id:chorisuke:20180406153145j:plain

友安製作所Cafe&Bar阿倍野を出たあと、動物園前のジャンジャン横丁にある千成屋珈琲へ。1948年(昭和23年)創業でミックスジュース発祥のお店として有名です。

f:id:chorisuke:20180406152143j:plain

背の高いパーティションがアクセントになっています。

f:id:chorisuke:20180406152306j:plain

勿論ミックスジュースを注文。氷少なめでたっぷり飲めてとても美味しかったです。

友安製作所Cafe&Bar阿倍野

f:id:chorisuke:20180406135701j:plain

友安製作所Cafe&Bar阿倍野に行ってきました。1966年に村野藤吾が設計し、「村野・森建築事務所」として使用され、その後しばらくクローズしていたという建物を、リノベーション。友安製作所は内装商品を専門に扱う会社で、リノベーションにあたって、「残せるものは全て残す」という方針をとったということです。

f:id:chorisuke:20180406140010j:plain

f:id:chorisuke:20180406144616j:plain

村野藤吾の螺旋階段!

f:id:chorisuke:20180406144432j:plain

一階はカフェ、二階はショールームとなっています。階段をあがり、二階の入り口はこんなふうになっています。

f:id:chorisuke:20180406144200j:plain

階段がとても狭い中二階、中三階の存在がユニーク。

f:id:chorisuke:20180406141557j:plain

カフェではかぼちゃのシフォンケーキと紅茶をいただきました。周りを見回すと、おしゃれな女性ばかり。モデルさんのような方もちらほらいらっしゃってめっちゃお洒落な空間として人気を博しているようです。

ゼー六 (堺筋本町)

f:id:chorisuke:20180405141113j:plain

店内にはお店の外観を描いた絵があちこちに飾られています。いろんな方が描き、お店にプレゼントされたものでしょう。 確かにこの店構えは絵心を掻き立てるものがあります。f:id:chorisuke:20180405135946j:plain

アイスモナカと珈琲で350円。この値段で一服できるのですから、まさに至福のひと時!

ところで、このカップ、桃谷の喫茶店「LEEK」のママさんが教えてくださった日本硬質陶器株式会社NIKKO(ニッコー社)が1915年に発売した「山水」ですよね。やっぱり古くから営業されているお店はこのカップを使ってるんだ!と思ったんですが、ん?待てよ。これ、全然使い込まれたという感じがないというか真新しい。もしかしたら、今また同じデザインで新しいものが製造されているのかもしれません(こんなことを考察するのもLEEKに行っていなかったらなかったことです)。

店内はさほど広くありませんが、テイクアウトの方が途切れずに訪れます。中には10個、20個まとめて買っていく方も多く、最初、お店に入ったとき、なんでこんなに新聞紙がちらばっているんだろうと思ったのですが、個数の多い注文にはその新聞紙が包装を固めるのに使われていて、なるほど、と思いました。

f:id:chorisuke:20180405141231j:plain

ゼー六の近くの「本町橋」。大阪にある現役の橋としては最も古いものだそうです。

YUTAKA COFFEE(心斎橋・南船場)

f:id:chorisuke:20180116153524j:plain

テントに「S.1952」とあるとおり、1952年創業の喫茶店です。一階にもテーブル席が一つありますが、こちらは主にコーヒー豆の販売に使われているようで、右手の階段をあがって二階に進みます。

f:id:chorisuke:20180116153850j:plain

カウンターも二階にあり、丁寧に淹れられたコーヒーは実に美味しい。

f:id:chorisuke:20180116153903j:plain

照明と太陽光がいい具合に織りなす暖かな雰囲気の空間で、日々の喧騒から逃れるのにうってつけの場所です。